読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あせりながらヒマジン 無職なワタシの記録

働かずに食べていけるか、実験中。はたらかないアリになりたい。ちょっと働きたい気持ち上昇中。(2016.5/14更新)

就活セミナー

f:id:antcheb:20160615175501j:plain

 

こんにちは、ありんこです。

 

連日、ハロワ主催のセミナーへ行ってました。

 

せめて1週間とか間をあければよかった、朝、混んだ電車に乗ることがちょっと苦痛な2日間でした(自転車通勤歴が長いもので)。

 

無職生活が長くなってきて、決められた時間(特に午前中)に公共交通機関を使って集合するということが不安になっています。ここ数か月、目覚まし不要という気楽な暮らしをしているので「起きられるかな?」「目覚まし壊れてない?」とか心配なのです。

 

今回参加したセミナーは2つ。両方とも「就活支援セミナー」です。

内容は、求職活動の心構え、応募書類の作り方、面接について・・・等。

 

1つ目のセミナーはDVDを2枚連続で視聴するだけのもの。1時間ちょっと。

 

2つ目は講師による講義形式のセミナー、休憩時間10分込で2時間。

 

2時間の方はしんどそうかな、などと思っていたのですが話に聞き入ってました。講師の方が人事という仕事はもちろん転職経験が豊富な方で(100社は書類応募したとか言っていた)経験を交えたお話が興味深くてもう少しお話聞きたいかも、と思ったほど。(※「お祈り」すらもらえないところもあった、とか。つらいですね。)

※「お祈り」とは日本の就職活動における用語の一つで、企業からの不採用通知の俗称である。 企業から送られてくる不採用通知には、末尾が「今後のご活躍をお祈り申し上げます」「今後のご健闘をお祈り申し上げます」といった一文で締められていることが多いため、これを俗に「お祈りメール」と呼称するようになった。

ウィキペディアより引用

 

職務経歴書なんて書いたことないし、パソコンで履歴書作っちゃっていいの??とかおどろきモモの木でした。応募書類も進化してますな。履歴書は手書きじゃないと!パソコン印刷なんて手抜してると思われちゃう!といった考えはすでに古く、パソコンスキルのアピールになるとか。

 

ちなみにこのセミナーは求職活動実績になりますので、失業の認定を受ける書類に記入できます。

 

無料でこんなにもりだくさんの内容のセミナー、受けといて良かったです。時代は変わったなあ(-"-)

広告を非表示にする